プレ更年期とは

閉経前後の約10年間の時期を更年期といいます。個人差はありますが、日本人の場合、閉経年齢は50歳前後です。「プレ更年期」は、その更年期の前段階の時期を呼んでいます。このプレ更年期の症状は、30代後半から40代に起こることが多いのですが、人によっては30代前半や20代の女性が早くもプレ更年期の症状に悩まされているケースもあるのです。
このような状況から、プレ更年期は閉経前で、まだ更年期ではない時期に、更年期の予告症状が出始めた女性をさす言葉と考えてもいいでしょう。このプレ更年期に起こる症状は、更年期の予兆のようなものと考えてください。

プレ更年期の症状

プレ更年期の人に更年期障害と同じような症状を訴える人が増えているといわれます。なかには、更年期が早く来てしまったのではないかと不安になって婦人科を受診する人もいるそうです。
しかし、プレ更年期では更年期障害ではなく、実際の原因はストレスによる自律神経失調症であることが多いようです。強いストレスが続くと自律神経のバランスが乱れ、体と心にさまざまな不調が起こります。ときには女性ホルモンの分泌にも影響し、月経不順や無月経を招いたり、月経痛がひどくなったりすることもあります。

プレ更年期の症状を改善する

プレ更年期の症状は、一種のうつの症状だと思います。解決するには、まず無理をしないで自分の体をいたわってあげることや、自分の好きなことを見つけて楽しむことが大事です。
また、食生活の改善も重要です。必要な栄養素は食事からきちんと摂ることが大切ですが、忙しくてなかなか思うように摂れない人は、サプリメントを利用するのも一つの方法。ただし、通常の食事をおろそかにして、サプリメントに頼りきっていては本末転倒です。

プレ更年期にはピルが効果的

ピルは、女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステノーゲン)が入っている薬です。そのためピルを飲むことで、少なくなってきた女性ホルモンを補え、プレ更年期の不快な症状の緩和や改善に効果があるのです。
また、ピルは生理周期を約28日間と一定にすることができます。それに伴いホルモンバランスも安定しますので、生理前の憂うつな症状やイライラなども改善することができます。

プレ更年期